女性が家事代行で働くのは危険?安全な理由と注意点を解説

不安に思っている男性
家事代行で働くのが不安な人
家事代行で働いてみたい。でも、自分一人で知らない他人の家に上がるのはちょっと怖い…。実際どのくらい危険かどうか知りたいです。

今回は、こういった疑問に答えます。

この記事を書いている僕は、一人暮らしの独身男性で家事代行サービスを使っています。

スタッフさんは女性がほとんどで、向こうからすると、知らない一人暮らしの男性の家に上がって仕事をするのは不安に思う面もあるだろうなと思いつつ、依頼をしています。

今回は、そんな家事代行で働くことに不安を抱いている女性の方に、安全に家事代行サービスで働き、危険を回避するためのコツをお伝えします。

家事代行スタッフが危険、不安に思うこと

不安に思っている女性

まず、実際家事代行で働く際に、どんなリスクがあるのでしょうか。

よく聞く不安な点として聞くのは下記のとおりです。

  • 男性と密室にいたら乱暴をされるかもしれない。。
  • 危険な作業や自分ができないことを依頼されたら困る。。
  • 訪問した家の男性に変な気を持たれたりしたら嫌だな。。

上記のとおりです。

こういった不安を抱くのはもっともで、実際にそのようなトラブルが起きた事例もあります。

上記のようなリスクを恐れて、スポット依頼の男性の一人宅の仕事は断るというスタッフの方もいるようです。

しかし、これまで子持ち世帯がメインだった家事代行の利用者が、一人暮らし世帯が増えてくると、男性の一人暮らし宅へ仕事をしにいくスタッフさんも増えてくるかとは思います。

そういうわけで、そのような不安を払拭するために、家事代行が安全である理由を説明します。

家事代行が安全である3つの理由

安全な3人家族

家事代行は基本的には安全な仕事です。

その理由は下記の3つです。

  • 家事代行会社が利用者の身分を確認している
  • サービスの開始前に相手の情報を知ることができる
  • トラブルがあった際は、会社が対応をしてくれる

上記のとおりです。

順に解説していきます。

家事代行会社が利用者の身分を確認している

ほとんどの家事代行会社は、利用者の住所や名前、電話番号、カード情報といった個人情報をきちんと把握しています。

特に大手の会社だと、サービス開始前に営業担当者が利用者の自宅に訪問して、ヒアリングをする機会を設けています。

そこで、利用者がどういう人なのか、スタッフを派遣しても大丈夫かといったことはチェックしてくれています。

そのため、ちゃんとした家事代行会社であれば、素性が怪しい人の家に派遣されることは無いので、安心して働けます。

サービスの開始前に相手の情報を知ることができる

実際に利用者さんの家に行く前に、相手がどんな利用者さんなのか知ることができます。

利用者さんの家族構成や、年齢、性別を事前に知ることができるので、もし不安があれば、会社に相談して、もっと情報をもらったり、2人体制にしてもらったり、相手を変えてもらうという融通が効く場合もあります。

もし、それが難しくとも、会社側に相談に乗ってもらうことはできるでしょう。

また、カジーのような新しい家事代行サービスでは、スマホで近所の依頼者の方を自分で選べるような仕組みになっているので、安心できる方のみを選ぶということができます。

トラブルがあった際は、会社が対応をしてくれる

そして、万が一に依頼者の方となんらかのトラブルがあった場合でも、会社が前面に立って対応をしてくれます。

たとえば、モノを壊してしまったり、サービス対象外の依頼をされたり、個人的に誘われたりといったことは、あとから会社に言えば対応をしてくれるところがほとんどです。

少なくとも、同じ依頼者の自宅へ派遣させられるということは無いはずです。

実際に危険なことが起こった際の注意点

危険が起きた際のSOS

それでも万が一依頼者の家にいるときに、危険なことに遭ってしまったらどうするかという点を解説します。

ほとんど無いことですが、実際に依頼者の方の家でサービスをしている間に、サービス内容の件でトラブルになったり、下心があるような言動が見られたり、乱暴な面が見られたりした場合は、理由をつけてスグに家の外に出ることをオススメします。

たとえば、「会社から連絡が入った」などですね。

そして、すぐに会社に連絡をして、指示を仰ぐのが良いです。

また、こういった際のマニュアルは会社側が用意してくれていますし、不安であれば、事前に会社側に聞いておくようにするとよいですね。

家事代行スタッフで危険を回避するためのコツ

チェックリスト

上記のような危険な目には極力遭いたくないですよね。

そのような危険を回避する2つあります。下記のとおりです。

  • マッチング型ではなく、直接雇用型のサービスを選ぶ
  • 不安に思う場合は、依頼を断る
上記のとおりです。

順に見ていきます。

マッチング型ではなく、直接雇用型のサービスを選ぶ

まず大事なのは、マッチング型の家事代行サービスではなく、直接企業に雇用される形の家事代行サービスを選ぶことです。

もちろん、タスカジのようなマッチング型サービスにも利点は多くありますが、安全面を優先して働きたいという場合には、ベアーズやCasyといった直接雇用型の家事代行サービスを選ぶと安心です。

なぜなら、なにかトラブルが起こった際には、基本的に自分ではなく会社が依頼者の間の問題になりますので、トラブルが起きないように、徹底して守ってくれるからです。

不安に思う場合は、依頼を断る

もうひとつ大事なのが、不安におもうような依頼者の依頼は断るということです。

たとえば、一人暮らしの男性宅へ一人で行くのがどうしても怖いという場合は、事前に会社に相談をしておいて、そのような依頼から外してもらえるようにしましょう。

また、一度サービスを提供して、なんとなく怖かったり、不安に思うことがあった依頼者の場合は、会社に相談して外してもらうようお願いしましょう。

結構自分で抱え込んでしまう人が多いですが、ダメ元でも会社に相談してみることをオススメします。

会社側としては、言ってくれないとわからない面もありますしね。

信頼できる会社で働こう

家事代行サービスで働いて危険な目に遭うことはほとんどありません。

なぜなら、一人暮らしの男性で家事代行を頼むほとんどの人は、悪意があって頼んでいるわけではないからです。

とはいえ、それでも不安な気持ちを抱くのは当然でして、できる予防策としては「ちゃんとした家事代行会社を選ぶ」ということです。

たとえば、カジーはスタッフ側がどの依頼に対応をするか選ぶ事ができるので安心です。もちろん、それ以外の依頼を頼まれることもあるでしょうが、直接雇用型なので、トラブルの際も会社が前面に立ってくれるので安心です。

気になる方は下記から詳細をどうぞ。

家の掃除は0円、でもその掃除、CaSyが1450円/時間~で買い取ります。